農家の平凡日記(記録用)


by fz9gdo3d9m
 岡田克也外相は16日午後の参院外交防衛委員会で、国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が参加する際の武器使用基準について「今の憲法の下でも、もう少し広げる余地はあるのではないか」と述べ、自己や他の要員の保護などに限定している現行基準の緩和を検討すべきだとの考えを示した。浜田昌良氏(公明)への答弁。 

農水副大臣が訪韓=クロマグロ問題(時事通信)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)
<天気>降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)
三笠宮さまがご入院 白内障手術(産経新聞)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書−鹿児島(時事通信)
[PR]
# by fz9gdo3d9m | 2010-03-19 10:28
 遺骨を埋葬せずに紛失したとして、高知市内の女性2人が市内の寺院と住職(62)を相手取り、慰謝料など計約4480万円の支払いを求めた損害賠償訴訟の判決が11日、地裁であった。

 安田仁美裁判官は原告側の訴えを大筋で認め「墓に埋葬されていると信じて原告は墓参りをしてきた。長期にわたる信仰心を覆され、精神的苦痛は大きい」として、寺院側に慰謝料など計約760万円を支払うよう命じた。

 判決によると、原告2人は元檀家(だんか)で、女性(67)は義母を亡くし、経済的にすぐには墓を建てられなかったため寺院に遺骨を預け、しばらく後に墓所を購入して1994年、墓を建立。夫を亡くした際には夫婦の墓も建てた。墓所や墓の代金として少なくとも159万円を支払ったが、寺院側はいずれの遺骨も埋葬していなかったという。もう一人の女性(71)は2004年、すでに亡くなっていた夫の遺骨を預け、墓所代83万円を払ったが、遺骨は埋葬していなかったとしている。

 寺院側は裁判で「遺骨は自然に返るよう散骨した」などと主張したが、安田裁判官は「経済的な理由で墓が買えなかった女性が、散骨後に墓を買ったとは考えがたい」として退けた。

 原告側の弁護士は「寺院としての最低限の役割を果たさなかった。判決は妥当」と話した。寺院側の弁護士は「控訴するか被告と検討中」としている。

覚せい剤「疲れ取れるから使用」=JAYWALK中村容疑者供述−1年前から使用か(時事通信)
遣唐使船、朱鮮やかに…復元ほぼ完成(読売新聞)
<トキ襲撃>ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
自民編成予算にメス 5月に各省版仕分け 刷新会議(産経新聞)
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)
[PR]
# by fz9gdo3d9m | 2010-03-17 19:19
 自民党は11日、夏の参院選の追加公認候補1人を発表した。候補者は次の通り。(敬称略)

 <選挙区>新人=磯崎仁彦(香川、会社員)

東京大空襲 朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める(産経新聞)
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故−横浜市(時事通信)
坂本龍一さんら大臣賞=芸術選奨に30人−文化庁(時事通信)
道州制で静岡県は分裂? 浜松市長発言が波紋(J-CASTニュース)
[PR]
# by fz9gdo3d9m | 2010-03-16 12:55
 本人確認をせずに「090金融」グループに携帯電話を貸したとされる携帯レンタル会社「モバイルカンパニー」(東京都新宿区)による携帯電話不正利用防止法違反事件で、警視庁生活経済課と巣鴨署は10日、同様の手口で振り込め詐欺グループにも貸したとして、同法違反容疑で、実質的経営者望月啓次容疑者(34)=静岡県沼津市東椎路=ら2人を再逮捕した。
 同課によると、望月容疑者は容疑を認め、「振り込め詐欺やヤミ金融業者に使われると思っていた」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年1月20日から29日ごろの間、2回にわたり、振り込め詐欺グループのメンバーだった同区の無職男(25)に、氏名や住所などを確認せずに携帯電話6台を貸した疑い。 

【関連ニュース】
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加
「おかしいと思ったら通報を」=振り込め防止にふりかけ配布
詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず
「だまされぬよう聞き分けて」=振り込め撲滅でキャンペーン

病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<新幹線>新青森行き「E5系」愛称公募スタート 「はやて」に替え(毎日新聞)
小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京−高尾の快速運転見合わせ(産経新聞)
8日に基地問題検討委=政府・与党(時事通信)
[PR]
# by fz9gdo3d9m | 2010-03-11 17:49
 民間気象予報会社のウェザーニューズが2月中旬、同社携帯サイトの利用者(男女計5万3946人)に花粉症についての意識調査を行ったところ、32・2%が花粉症に悩んでいることが分かった。

 調査は「周りの人の何割が花粉症か」という質問で、1割未満から10割までの選択式で回答した。全国平均(北海道、沖縄県を除く)は32・2%で、5人に1人とされる花粉症の人が増えているのがうかがえる結果となった。都道府県別では静岡県が1位で38・16%。以下、群馬県(38・04%)、山梨県(37・32%)、栃木県(36・91%)、三重県(36・85%)−の順。関東と東海地方は全県で全国平均を上回った一方で、九州は全県で全国平均を下回った。

 対策を始めた時期は、「やっていない」が最多で56%。続いて、2月19%、1月下旬8%、1月中旬5%−だった。同社は「今年は花粉の飛散量が少ないうえ、2月以降の冷え込みで本格的な花粉シーズンが遅かったのが原因」と分析している。

開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
不正アクセス摘発、昨年最多の2500件(読売新聞)
「妻に逆らえなかった」と父親=育児放棄、見て見ぬふりか−奈良5歳児餓死(時事通信)
<異臭>山陽新幹線「のぞみ」で オイル漏れか 乗客避難(毎日新聞)
[PR]
# by fz9gdo3d9m | 2010-03-10 06:00